テレビ離れとメディアの多様化とラジオの可能性

若者のテレビ離れが叫ばれるご時世の通り、テレビをあまり見ない層が増えているのは事実だろう。
実際に周りの友人や同僚と最近見たテレビ番組の話題で盛り上がる機会はめっきりなくなった。
YOUTUBEやabemaTV、SNSが台頭し、テレビはもはや絶対的なツールではなくなりつつあるのは間違いないだろう。
私もここ数年テレビをみる機会が減り、その代わりと言っては何だがラジオを聴く機会が非常に増えた。
ラジオは初めて聞くまでは一部のマニアックな人が聞いているようなマイノリティなメディアだと思っていたが、聞き始めるとすっかり習慣化してしまった。
愛聴しているのは芸人の深夜ラジオがメインなのだが、昼間のニュース番組や音楽番組なども聞く。
ラジオの良いところはテレビと違って映像がないので、仕事や作業をしながら気軽に聞ける所と映像がない分想像力を掻き立ててくれる所にある。
パーソナリティの人が語りかける心地の良い声や自分だけに話しかけるようなフランクで暖かい口調はラジオにだけしか味わえない醍醐味だと思う。
テレビも面白いですが、ラジオなどの他のメディアにもっと脚光が当たると個人的はとても嬉しい気持ちになる。コラーゲンサプリ おすすめ 人気 ランキング

テレビ離れとメディアの多様化とラジオの可能性