男性の更年期なのかもしれないと思うこの頃です。

最近の事です。めまいがしたり、筋肉の衰えを感じたり、乱視がひどくなったりと、びっくりするくらい変調をきたしているのです。当然重大な病気ではないだろうかと思ったりします。そこで徹底的に調べようといくつかの内科や外科で検査をしたのです。どこも異常は見当たりませんでした。それでも気になり、あと脳外科を残すのみです。自分でも驚くくらい心配になるのです。そんな話を姉にしたところ、「更年期障害じゃないのか」と言いました。それは思いもよりませんでした。ネットで調べたところ、思い当たることばかりでした。人間の体の細胞が完全に入れ替わるのが還暦の頃、そう聞いたことがあります。そういう節目だからこそ、このような状態が出て来るのかも知れないと思ったのです。今日検査したのは造影剤を使ってのMRIでした。結果は数日後の事。胸に手を当ててみたら、まだまだすることがたくさんある、そう聞こえた気がしました。ある先輩も言いました。「何か困ったことがあっても、大丈夫、大丈夫、そう自分に言うんだよ」と。いい言葉です。何度もこれを自分に言い聞かせています。楽観的な生き方に勝るものはないのです。大丈夫、そう言いながら頑張りたいと思います。

男性の更年期なのかもしれないと思うこの頃です。