香川県、小豆島で、おすすめのスポットを紹介

香川県、小豆島で、おすすめのスポットを紹介します。
小豆島にある、二十四の瞳映画村という施設は、映画、二十四の瞳のロケ地になった町並みや、
校舎などのセットを公開している施設で、大正や、昭和初期のレトロな雰囲気が楽しめる建物は、
土産物店や、駄菓子のお店などになっており、楽しみながら散策できる施設でした。
入園料金は、750円だったと思います。また、岬の分教場とのセット券は、830円だったと思います。
小豆島にある、小豆島ふるさと村という施設は、プールや、キャンプ場、いちご園など色々な施設がある、
レジャー施設です。釣り桟橋もあり、釣り桟橋では、海釣りが楽しめました。
また、手延べそうめん館では、店頭的なそうめんの、手延べ体験などもでき、大人から子供まで楽しめる施設だと思います。
こちらの施設の営業時間は、8時30分から17時までだったと思います。
入場料金は、無料ですが、体験プログラムなどは、有料でした。駐車場も完備されている施設です。

香川県、小豆島で、おすすめのスポットを紹介

三重大学が大学院入試に「忍者・忍術学」を導入

忍者に関する研究で世界的な評価を受けている三重大学。そんな三重大学が大学院入試で「忍者・忍術学」を受験科目に加えることが発表されました。本来、文学系・歴史系の大学院入試ではくずし字と呼ばれる文字を解読することが要求されます。しかし、くずし字の習得は極めて難しく、日本人の0.1%以下しか解読できないと言われており、大学院を目指す外国人や社会人にとって大きな負担でした。三重大学が「忍者・忍術学」を試験科目に導入した背景には、今まで学びたいと思ってもハードルが高くて学べなかった人を呼び込みたいという狙いがあるのでしょう。自分の大学の強みを生かした大学の戦略として、今回の取り組みは大いに参考になるのではないでしょうか?ただし、三重大学は研究者養成を中心とした国立大学ではないため、今回の取り組みが可能になったのも事実です。「忍者・忍術学」の導入によって入学してきた人達が研究者として一定のレベルに達するのか、そして三重大学の得意とする分野をさらに伸ばすことができるのか。注目して見ていきたいところです。

三重大学が大学院入試に「忍者・忍術学」を導入